2018/10/26

アトピー肌でも大丈夫?40代にもオススメの美白ファンデーション口コミ

 
パウダーファンデーション

この記事を書いている人 - WRITER -

アトピー肌さんや乾燥肌敏感肌の方は、
お顔の赤みガサガサを隠すのに
お化粧をしたいという願望はあるものの、
実際には選ぶのが難しいところ、ありますよね。

私も、高校生の頃、放課後になるとお化粧をし始める友達がチラホラいるなか、
元々、色気のないグループに所属している方でもあったり、
興味もなかったりしていたのですが、
さすがにアルバイト先で接客業をしていて、

「口紅塗ったら?」

とか、言われるようになり・・
お化粧の必然性を考えるタイミングがやってきた頃、
化粧品選びの難しさに直面することとなりました。

でも、ファンデーションって、塗ったら塗っただけ、
肌の毛羽立ちとか、ガサガサが目立つばっかりで
「塗らない方がマシ」と、思う代物でしかありませんでした。

それでも、社会人になってからはますます
 化粧をする=身だしなみ

みたいな感じで、必要に迫られるようになり、
どうにかして隠す、ごまかす手段としてのメイクができないものか?
と、考えていた日々でした。

同じようなお悩みを抱えた方もいるのかもしれず、
世の中にはありがたいことに、
そういったお悩み肌の人でも使える商品が増えてきているんですよね。

今回は、私がお試ししてよかったものを基準に、
ホワイトニングにも効果があり、肌がよりきめ細かくキレイに見える
パウダーファンデーションをご紹介したいと思います。

 

 1、40代肌弱さんにオススメのホワイトニングファンデーションはこれ!

私がこれまでファンデーションを試してきた結果、
断然オススメといえば「パウダーファンデーション」なのですが、
その中でも「ミネラルファンデーション」との相性は抜群でした!

まず、ミネラルファンデーションの定番成分とも言える
「マイカ」「酸化チタン」「酸化亜鉛」「酸化鉄」
ミネラル

いずれもアレルギー反応が少なく、光の反射効果
肌を艶っと見せてくれ、ミネラルの酸化反応が進み過ぎないよう
しっかりとコーティングされています。
そのコーティング成分にコラーゲンや美容成分を添加している
ファンデーションがあったりと、
現在は多彩なミネラル化粧品が存在しますが、

石油系のタール化粧品よりはお肌の負担が軽く
自分が使ってみた実感としても
アトピーさんでも使いやすいファンデーションだと感じています。
*ただし、亜鉛などへの金属アレルギーを示される方などは
充分ご注意いただき、かかりつけのお医者様へ成分のご相談などをされた上で
ご自身の責任の範囲で、気をつけてお試しください。

同じくその成分が配合された、パウダーのミネラルファンデーションの
定番ともなってきているオンリーミネラル

その中でも今回、
ホワイトニングもできちゃう美白ファンデ
としてオススメなのがこちら!

オンリーミネラル
薬用ホワイトニングファンデーションしっかり実感セット

【オンリーミネラル】薬用ホワイトニングファンデーションデビューセット


日焼け止め効果のあるレギュラーシリーズも良いですが、
ホワイトニングファンデには特に、リン酸L-アスコルビルマグネシウムが加わり、
いわゆるビタミンC誘導体としての効果があるので
日焼けを防止するだけでなく美白効果を期待できるファンデーションとなっています。
ナノ粒子不使用となっているため、肌に浸透せず
肌表面に吸着してアプローチしてくれるところがまた、
お肌に優しいポイントですね。
こちらもクレンジング剤不要で石鹸洗顔でOKなのが嬉しいところです。

 

2、パウダーファンデーションをオススメするわけ

アレコレと試行錯誤し、かゆい思いもしつつ自分に合うファンデーションを探していた時、
私が最初に使用したパウダーファンデがこれでした。

ガシーレンカーの「シアーカバー」

シアカバーファンデーション 写真はアマゾンから、ミニトライアルセットです。

元々、通販番組の中で「赤あざを隠す」というのをやっていて、
ステロイドの影響で頬に毛細血管が見え、
赤ら顔な私にもいいかも!と思ったのがキッカケです。

セットの内容はこちら

シアー カバー ミネラル ファンデーション SPF15 0.25g、
シアー カバー デュオ コンシーラーN 0.6g、
シアー カバー ベース パーフェクター5mL

全成分 :
【シアー カバー ベースパーフェクター】
シクロペンタシロキサン、ジメチコン、水添ポリイソブテン、ポリメタクリル酸メチル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、シリカ、パルミチン酸レチノール、キュウリ果実エキス、ユチャ葉エキス、酢酸トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、香料、フェノキシエタノール

【シアー カバー デュオ コンシーラーN】
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 、オクチルドデカノール、キャンデリラロウ、カルナウバロウ、ホホバエステル、ポリエチレン、アラントイン、パルミチン酸アスコルビル、エチルヘキシルグリセリン、ステアラルコニウムベントナイト、炭酸プロピレン、ジメチコン、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール、「+/-」、マイカ酸化チタン酸化鉄

【シアー カバー ミネラル ファンデーション SPF15】
オキシ塩化ビスマス、マイカ、窒化ホウ素、ビサボロール、アスパラサスリネアリス葉エキス、「+/-」、酸化チタン酸化亜鉛酸化鉄

 

実際、私が購入したセットにも入っていたコンシーラで、
すっかり血管は隠れましたし、
パウダーだけでも充分、サラッとした肌に見える仕上がりになりました♪

ベースパーフェクターというのは、肌表面のザラザラを整えてくれる
クリーム状のものでしたが、これも合わせて使うと、
より肌表面がなめらかに見えるという優れものでした。

そして、塗っている負担感がない。

付けたまま眠っても・・・。なんて事を謳い文句にしていますが、
実際、そうしても平気でした。

パウダーは特に、軽いつけ心地
あまり毛穴を塞がれる感覚がないのがいいです。

このパウダー使用をキッカケに、成分をとても気にするようになりました。

成分表示にタール系のものが入っているのは「石油系」

同じ「ミネラル」でも、鉱物系のミネラルを使ったものや
石油系ミネラル(オイルに多い)なんかがありますが、
シアーカバーのは「マイカ」という成分。
酸化チタンなども、表面のツヤツヤ効果に一役買ってくれている、
安心なミネラル系成分ですね。

これが、表面の光を反射してくれることで視覚効果が生まれ、
肌表面サラッツルッとしているように見え、
ガサガサ、ボコボコやシワが目立ちにくくなるようでした。

その事から、お肌に負担をかけず
視覚の効果でツヤ肌に見せてくれるファンデーションが
一番お肌に優しく、薄づきで見栄え良くしてくれるのでは?
と思い、パウダーファンデーション推しになりました!

結論!
パウダーファンデーションをオススメするわけ

1、肌の傷やシワに入り込み過ぎず肌の負担が軽い!
2、薄付けできるので、肌の負担が軽い!
3、厚塗りしなくても、光の反射を利用した視覚効果で
  艶肌に見せてくれる!
4、視覚効果で赤ら顔や色素沈着の肌色をカバーできる!
5、ミネラル効果で肌荒れが少なくて安心!
6、長時間付けていても乾燥や化粧よれが少なくて楽!
7、付けたまま寝ても、翌朝肌荒れしにくい!
8、石鹸とお湯で簡単メイクオフできるので楽&肌負担が軽い!

と、いい事だらけだと思っています。
ぜひ、肌弱さんにはお試しいただきたいですね。

 

3、肌弱さんのファンデーション選択の基準

ファンデーション選びをする際、原材料以外にも
商品の仕様タイプが色々ありますよね。

・リキッドファンデーション
・パウダーファンデーション
・クリームファンデーション
・クッションファンデーション

成分はもちろんのこと、これらを実際に使ってみた感想としては、
以下の通りでした。

・リキッドファンデーション

→しっとり系で潤うかという期待に反し、
肌のガサガサ面やシワに入り込むと逆に目立ち、
乾くとパリパリしてきて肌への負担が大きい。
かなり保湿力の差で見えかたと時間経過後の見栄えに差が出る。

・パウダーファンデーション

→つけ心地は軽くて○。ただ、物によっての差が激しく、
表面に粉がしっかりとなじまないと、粉浮きして不自然な顔に。

・クリームファンデーション

→リキッド系ファンデと同じく、保湿力によって持ちが変わる。
シワ、皮膚の割れ目に入りやすく、濃淡が出やすいので
塗りムラになりやすい。

・クッションファンデーション

→パウダーに近いものとクリーム系に近いものがあるけど、
スポンジでつけるものよりブラシでつけるタイプの方が○。
薄付きするタイプの方が肌への負担が少ないが、
時間が経つと皮脂を吸収して塗りムラのように見えてきてしまいがち。

クリームやリキッド系のものは、塗った瞬間のつけ心地や
伸びのいいものなどは気持ち良いのですが、
その後にすぐ乾燥してしまいがち、というデメリットがあります。
肌表面の水分も一緒にもっていかれて乾燥するので、
化粧前よりカサカサ度が増してしまい、
その乾燥した肌にファンデーションがのっているため、
肌への負担が増し、毎日のようには続けてつけられませんでした。

ガサガサが激しい日や、シワが目立つ時期に使うと
そこにリキッドがしっかりと入り込んでしまい、
そこだけ色が濃いという事態になり、
余計にシワが強調された顔になってしまいました。

選ぶポイントとしては、ファンデーションで保湿カバーをする、
という期待はせずに、

・肌への負担が少ないこと
・肌荒れが目立たないこと
・長時間付けても直しが少なくて済むこと
・傷やシワに入り込まないこと

を、優先して選ぶ方が良いと感じました。

その結果、メイクという観点から一番のオススメ、自分的お気に入りとしては
パウダーファンデーションが一番!
という結果にたどり着きました。

ただ、今後も素晴らしい商品は出てくると思うので、
引き続き、より良い商品をウォッチしていきたいと思っています。




 

 

3、他にもある!40代にもオススメのパウダーファンデーション

パウダーファンデーション推しの理由を並べたところで、
ホワイトニングファンデーション以外の
オススメ商品2つセレクトしました!

ミネラルパウダーファンデーション初心者さんにオススメ!

エトヴォスのスムースミネラルファンデーション

ETVOSミネラルコスメ
(ETVOS)ミネラルファンデーション スターターキットM

こちらは超シンプルに、
マイカ、シリカ、酸化亜鉛、ステアリン酸、酸化チタン、水酸化Al、酸化鉄
全成分という、シンプルミネラルパウダーファンデーション!
余計なものが入っていない
低ストレス仕様です。

粉がたくさん出過ぎないようになっているケースの仕様も親切ですし、
スターターキットには同社の洗顔や化粧水、
シャンプーなどのお試しサンプルまでついてくるので、
相性のいいメーカーの商品でファンデーション以外もお肌にあえば最高ですよね♪
ぜひお試しいただきたい一品です。

 

もうひとつのオススメは
メイクだけじゃなく、保湿も欲張りたいアナタにはこれ!

トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション

ミネラルパウダリーファンデーション

こちらはクッションタイプでパフも付いているのですが、
ブラシでつけていただくのが軽く仕上げるコツかなと思います。
クッションタイプなだけあって、オリーブホホバなどの
油分も配合されているため、より潤いが欲しい方にオススメです。
ちなみに、スクワランその他、天然成分も多く配合されていますので、
アレルギーのある方は原材料をよくチェックの上
気をつけてお使いくださいませ。

ファンデーションももちろんですが、合わせて
・ミネラルフェイスパウダーグロウ
・シルクパウダー
・ミネラルサンスクリーン
なども、軽いつけ心地で使用原料も少なく、
ふんわりカバーできるため、合わせてお試しいただきたい商品です。

 

まとめ

ちなみに各社とも、色が合わなかった時のための無料交換が可能となっていますが、
ご自身の肌の色よりワントーン明るめを選ぶようにすると
キレイな肌見えするのでオススメですよ!

ミネラルファンデはたくさんありますが、その中でも特に
薬用をうたっているファンデーションはめずらしく、
今回ご紹介した
オンリーミネラルのつけたまま眠れるファンデ実感セットは、
日焼け止め効果カバーメイクだけでなく、
メイクしながら美白効果を期待できるという、
ファンデとしてはかなりの優れものをご紹介させていただきました。

夏の日焼け後のシミが気になる、という方が秋冬に使うのも良し、
春先から紫外線を警戒して取り入れるも良し、
冬のレジャーでの雪焼け防止にも使える一品です。

今後はまた、成分のお話や使用するブラシの素材など、
自分に合うものを突き詰めると色々ありますので、
改めてご紹介していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 40代の敏感肌ケア奮闘記 , 2018 All Rights Reserved.