アトピー肌の治療と美容について

 
ステロイド

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の実体験とこれまでの経験値に基づく化粧品、美容品の選び方と、それでも「治療」に戻らざるを得ない時の治し方について、やっとまた「美容」寄りのケアができるようになって来たので書いてみたいと思います。

アトピーの根絶治療について思うこと

私は生まれてすぐからのアトピーで、未だ完治していませんし、人生においてずーーーーーーっとアトピー肌と付き合って来ていますが、その中でも「軽症な時期」「重症な時期」というのはありました。

軽症になって、「あぁ、このまま完治するのかな」と、ぬか喜びも何度もありましたが、なかなか厄介なものと感じています。

ただ、私なんかの症状は、まだまだ本当に「楽」な方だと感じることはあって(アレルギーや肌の状態で生死の境目を意識したことがなかったわけではありませんが)なんとか根気よく、治そう、少しはマシな肌を維持できるように頑張ろう、と、努力できる部分があります。

ステロイド薬との付き合い方(私の場合)

業界では「脱ステロイド」という、薬からの脱却もよく言われがちですが、私も昔、トライしたことがありました。10数年の間、ステロイドを使わずにいた時期もありましたが、結果、今はまたステロイドのお世話になっています。

再開してからももう10年ほどが経とうとしています。

気持ちとしては、再開する前は「10数年使わずに体から薬を追い出したのだから、もう使いたくない」という感覚だったのですが、そもそもはステロイドは体の中で自ら作り出されるべき成分ですし、追い出すもなにも…。というのが実際には近いところなのかもしれません。(足りない分を補わざるを得ない)

ステロイド成分以外の何かが特別悪さをするという感じでもなく、本当はいかに、自分の体がいいリズムで最適な量、ステロイドを生み出せるのか!?というのがアトピーの完治であり、ステロイド自身はいろんな病気の治療に用いられるほど、ある意味の「万能薬」なのかもしれないとも感じます。

でも、薬というものはないに越したことはないと感じるので、早くステロイドから卒業できるように、と、飲む方は漢方で、塗る方だけにしています。

使用しているクラスは「ベリーストロング」。一番長く使用しているのはアンテベートです。

肌の調子が良くなったら、クラスを下げてもらえるとか、量が減るとか思っていたのですが、クラスはなかなか下がりませんでしたし、非ステロイド薬にも変わりませんでした。

私が脱ステしていた時期に使っていた薬は非ステの「抗炎症剤」「消炎剤」といわれる類のクリームや軟膏剤でした。

特別それで大きく悪化することがなかったので長く使い続け、いろいろ薬をブレンドしてもらっていましたが、それに調子にのって、肌につけるものをどんどん市販のクリームなどにシフトしたり、それでも薬をやめられないからと漢方のお医者さんなどに通ったりして、結果、環境の影響なども手伝って最悪に悪化させてしまいました。

アナフィラキシーのような、強烈なアレルギー反応を伴って痒みや腫れが爆発的に起こり、救急外来で病院に駆け込みで連れて行ってもらった際、気管支にまで腫れが起こっており、お医者さんに「ステロイドを使わないのであれば、気管を切開して管を通さないと呼吸ができなくなるけど…」と言われ、そこまでして脱ステを徹底するつもりないわ!と、即、ステロイド入りの点滴や注射などで治めてもらい、窮地を脱しました。

ステロイドの再開はそこからです。

ただ、そこで初めて体質に合う漢方(ツムラ)にも出会い、人生で初めて、生きている間中ずっっっっっっっっっっっっと浮腫みっぱなしで過ごして来たのだということにも気づきました。

肌の炎症の下で浮腫んだ肌がジクジクして、循環も悪く汗もかかない。代謝しないことで余計に悪化させる要因となっていたようでした。(目から鱗)

漢方薬を処方されてから1週間ほど、めちゃくちゃトイレの回数が増えました。

それまでは、1日にせいぜい2~3回ほどしか行かなかったのに、先生から「1日に7回くらいは行くのが普通」と言われ、ビックリしたものです。(みなさん、行ってますか??)

その経験則から、体の循環をよくすることリンパの流れや体温が低すぎるのをあげて行く、循環の一環として、をかく排泄のリズムを整えるのが大切と思い、腸内環境の改善なども意識しました。

を治して初めて、薬では補えない部分の「肌のキメを整える」とか「色素沈着を取り美肌になる」というところにチャレンジできるという状態です。

傷を治すためのステロイド使用に関して、ネガティブにならない。という気持ちの部分も意識するようになりました。

ネガティブに思って体に取り入れるより、感謝して、これが治ったら美容に取りかかれる。と、思えば、回復も早いように思えます。

それでも悪くするときはする。

つい最近、更新が滞っていた間には「ベリーストロング」ではどうにもならず、ついに「ストロンゲスト」クラス、最強ステロイドも使用に至ってしまいましたが、その後、いきなり保湿にシフトするのではなく、弱いクラスのステロイドに切り替えてもらうことができています。

こうして薬にお世話になりつつ、体や顔についた沈着の後シミシワの改善のために、また美容活動に戻って行く感じです。

ステロイドの使いすぎによる弊害

使いすぎるとステロイド皮膚炎になる(薬からの離脱が難しくなる)というのと、皮膚が薄くなり、少しの刺激でも内出血したり、真皮が見えるほどの擦り傷になりがちというのは避けられないようで、私も未だ、幼い頃に女の子の顔がズルズルなのはかわいそうだと、当時、何も情報がないままにステロイドを顔にたくさん塗ってもらった影響で、血管が透けるほど顔の皮膚は薄いままで、近年は血液の小さな血だまりのようなものが出てきたりもしています。

皮膚が薄く毛細血管が透けて見え、引っ掻いた場所が内出血している様子

体全体もまた、顔よりはマシですが、強くひっかくと擦り傷になるか内出血しやすい状態です。

加えて、悪化させて今回は「紅皮症(こうひしょう)」になりました。
皮膚炎を拗らせて併発しがちな病気だそうです。
肌の赤くなっている部分通常の肌まだら模様になり、赤く炎症した部分が硬くなって盛り上がってくる状態になります。単純に薬をつけて治るものではなく、まだら肌が何ヶ月も続き痒みを伴います

紅皮症によってまだらになり、盛り上がった肌(盛り上がりは少なめの時期)

私もようやく肌の盛り上がりが引いてきたところですが、体づくりどころではなく、とにかく痒みとの戦いでした。

掻かないようにするための対策(参考)
  • 1、保冷剤で痒い場所を冷やす
  • 2、虫刺され薬などのスースーするものをつける
  • 3、かゆみ止めの頓服薬を処方してもらう
  • 4、冷たい水で洗い流す
  • 5、とにかく爪を短くしておく

傷を作ってしまうとその後が大変なので、とにかく保湿

アトピーに限らず、何らかの体質によるものから美容の取り組みがままならない方もあるかと思います。お互いにうまく付き合いながら、そして押さえ込みながら、綺麗を目指していけるといいなと思っていますし、そんな同士を応援しています!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 40代の敏感肌ケア奮闘記 , 2020 All Rights Reserved.