2019/09/10

アクアレーベルオールインワンの使い方!金と赤とジュレの成分の差は?

 
アクアレーベル

この記事を書いている人 - WRITER -

忙しい朝のお手入れに、と、化粧水からつけていく丁寧なお手入れサボるために、いろいろ試しても行き着く先はオールインワン系が多いこの頃です。

ドラッグストアで手に入るコスメのシリーズとしては、電量販店なんかでもかなり割引で購入できるアクアレーベルのシリーズは、いつでも手に入りやすい、お手頃商品ですよね。
アクアレーベル スペシャルジェルクリーム [モイスト]

アクアレーベル スペシャルジェルクリーム [オイルイン]

 

アクアレーベルオールインワンの効果的な使い方2点

オールインワン定番の、ひとつで多機能ジェルクリーム
アクアレーベルジェルクリームは、化粧水、乳液、クリーム、マスク、美容液の5役。

乾燥肌で敏感肌な私としては、「オイルイン」(金)タイプより「モイスト」(赤)を選んでしまいます。

公式サイトで歌われている3つのポイント
(実はこれ、モイストオイルインも、ジュレもみんな同じだけど)

スペシャルジェルクリーム(モイスト) 3つのポイント
Point 1:まるでエステの贅沢感
Point 2:リッチな保湿のヒミツ
Point 3:うるおってクリアで弾む肌へ

買うときには気づいていなかったのですが、笑
CMは杏ちゃんが出ていたやつですね。
あのCM自体がブランドイメージってことだそうです。

ポイント1「まるでエステ」という点ですが、これは多くの方が実感すると思われる、手触りの良さでしょうかね。

少量でもスルッと伸びるテクスチャーの良さがちょっとリッチな気分にさせてくれます。
さらに、好みは分かれると思いますが、ローズ系の香りでしょうか。

ポイント2の、保湿弾む肌、にするための効果的な使い方は、極普通、かつ、超簡単
エステ、と言われると、何かいろいろ手を施さないと!?と、感じてしまいますが、実際、オールインワンのいいところで、ワンステップで簡単なところがオススメのポイントなのです。

オススメの効果的な使い方ポイント1:
洗顔後、水分を軽く拭き取って、肌表面が乾き切る前にクリームをつける。

ただこれだけです。笑
朝は寝起きの洗顔後。夜はお風呂上がり。

あえて言うなら

オススメの効果的な使い方ポイント2:
どちらも基本量は、パールひと粒大くらいが目安に思いますが、少量で塗り重ねていくことをオススメします。

伸びや滑りが良い分、いきなり大量につけると浸透する前に余ってしまうことがあります。
少量から手にとってお試しください。

 

アクアレーベルオールインワン金と赤の成分の違いと口コミ

アクアレーベルのオールインワン2種類の2点が並んでいると、どちらを選べば自分に合うのか?と、迷ってしまいますよね。
より自分のお肌にあう条件は何か?を、ぜひ、以下の成分の違いから参考にしてください。

こちらはジェルクリーム(オイルイン)金の成分
原材料・成分

水,グリセリン,DPG,エタノール,キシリトール,PEG-20,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,ジメチコン,(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー,キャンデリラロウ,グルタミン酸,スクワラン,マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル,ゴマ油,ホホバ種子油,ヒアルロン酸Na,アセチルヒアルロン酸Na,ヒドロキシプロリン,水溶性コラーゲン,イソヘキサデカン,PEG-400,ポリソルベート80,オレイン酸ソルビタン,タルク,EDTA-2Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,パルミチン酸デキストリン,ステアリン酸Ca,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,クエン酸,リン酸Na,テトラデセン,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料,酸化鉄

「オイルイン」の名前の通り、オイル成分が入っているのが特徴です。
太字にしたのがお肌に作用するオイル分ですが、オイルを混ぜるために使われているオイル分が入っていたり、残念なことに、赤い文字にしている「界面活性剤成分」が入っているのも特徴です。
油と水分を乳化させたい、だけど、油分の膜は破壊する。なんとも言い難い綱引き成分に見えます。

敏感肌の方の口コミには、
「ベタつく」「パウダーファンデだと浮く、ダマになる」
「ヒリヒリした痛み、かゆみ」

など、お肌との相性はかなり極端な様子が見られます。
--

一方こちらはジェルクリーム(モイスト)赤の成分
原材料・成分

水,グリセリン,BG,DPG,ジメチコン,(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー,塩化Na,ジェランガム,グルタミン酸,サッカロミセス培養溶解質液,アスパラギン酸,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,リシンHCl,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,ベタイン,メチオニン,ダイズ種子エキス,水溶性コラーゲン,(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー,クエン酸Na,メタリン酸Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,水酸化K,クエン酸,シリカ,ピロ亜硫酸Na,アラニン,BHT,フェノキシエタノール,メチルパラベン,エチルパラベン,香料

スルッと伸びが良い感触がするのは、ポリマーのおかげかな?と、思っています。

敏感肌の方の口コミには、
「多少ベタつく」「乾燥の季節にはもう少し保湿感が欲しい」「つっぱり感はない」「しっとりする」
という声が見られました。

 

スペシャルジェルクリーム(赤)とジュレの成分の違い

アクアレーベルのシリーズがうたっている、保湿の秘密というのは、資生堂が独自の分析技術から発見したという4つの「D- アミノ酸」からできているという希少な成分だそうです。

これによって、「うるおい」「ハリ」「透明感」のあるクリアで弾む肌になるということですが、実際、オールインワンの2点、赤と金の成分の違いもそうですが、ジェルジュレでも結構成分が違います。

実は、乾燥肌の方には、意外にもジェルクリームよりジュレの方が潤う。という口コミも多く見られます。

こちらはジュレの成分
原材料・成分

水,エタノール,グリセリン,DPG,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ジグリセリン,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,結晶セルロース,ベタイン,グルタミン酸,アスパラギン酸,リシンHCl,メチオニン,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,ダイズ種子エキス,水溶性コラーゲン,PPG-13デシルテトラデセス-24,カルボマー,水酸化K,EDTA-2Na,アラニン,BG,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料

うたい文句としては、ジェルクリーム化粧水、乳液、クリーム、マスク、美容液5役なのに対して、ジュレ化粧水、乳液、マスク、美容液4役となっています。

入っている成分としては、ジュレエタノール(アルコール)水の次に多いくらい。
人によってはピリッとした刺激や、揮発性による乾燥を感じてもおかしくないくらいなのに、クリームよりジュレの方が潤うというのは何故なのでしょうか?

 

ジェルクリームよりジュレの方が潤う人がいる理由はアルコール?

アクアレーベルシリーズスペシャルジェルクリームより、ジュレの方が潤う!という口コミが一定数ある理由、それはもしかすると、アルコールに耐性のあるタイプの方の声かもしれません。

エタノールグリセリンアルコールの仲間です。
よく、「アルコールフリー」と書かれた化粧品がお肌に優しいような宣伝を見かけますが、実際に消毒用アルコールをイメージするとわかるように、使用後サッと乾いてしまうため、水分を奪われるような感覚があるかと思います。

その刺激に弱い肌質の方も多くいらっしゃるからオイルフリーアルコールフリーがわかりやすくて重宝されるのかもしれません。

ただこれは一概に、乾燥肌の人はアルコールに弱いということではなくてアルコールに対する耐性があれば、グリセリンの保湿効果をしっかりと感じることができるのではないでしょうか。

ポリマーが苦手とか、テクスチャーは良くてもそのせいで浸透する感じがしない
という方は、ジュレの方が潤いを感じるというのは納得の理由ですね。

私もさほどアルコールは気にならない敏感肌のため、よりたっぷりとコラーゲン成分が入っているローヤルゼリーもっちりジェルホワイト激しくリピート中です。

アクアレーベルスペシャルジェルクリームとジュレ、上手な使い方まとめ

アクアレーベル自慢の「エステの贅沢感」「リッチな保湿」「弾む肌」へ導くアミノ酸のチカラが詰まった化粧品ですが、ポリマーアルコール自分に合った成分かどうか?で、上手に選択し、使い分けしてみてください。

上手な使い方はシンプルに2点だけ。
・洗顔後や入浴後、水分を拭き取って、乾き切る前につけること!
・その際は、少量から手にとって少しずつ重ね付けすること!

ジェルクリームのパッケージには内蓋スパチュラがついていないため、衛生的な問題がちょっと気になる、と言う方にも、ポンプ式のジュレが人気ではありますが、市販のステンレスのバターナイフなどでもスパチュラの代わりになりますから、ぜひ、取り入れてみていただきたいです。

プチ バターナイフ(ミニバターナイフ)

ちなみに私個人は、アルコールにイマイチ弱い敏感肌のため、
今の所はこちらの→ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト
ローヤルゼリーもっちりジェル ホワイト
に落ち着いています。
オールインワンジェルジプシーになっている方には、ぜひ一度お試しいただきたい商品ですよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 40代の敏感肌ケア奮闘記 , 2018 All Rights Reserved.